本文へジャンプ

  

私の素敵な出会い

ヨーロッパ生まれのノルウェージャンフォレストキャットのキャッテリー
Cattery FANTARJA
My wonderful meeting
Norwegian Forest Cat in European

あるデパートで、猫の本にノルウェージャンフォレストキャットのノルウェーの森に生息するワイルドで大きな体と長くて厚い毛を見て虜になり飼いたいと思ったのが始まりです。
ノルウェージャンフォレストキャットの純血種のルーツを探し求めて一年!ノルウェー、スウェーデン、オランダ、デンマーク、ドイツ、フランス、ポーランドとインターネットで駆けずり回り、ノルウェージャンフォレストキャットの出発点を見つける事が出来ました。そして、素晴らしいヨーロッパのブリーダーたちと出会う事が出来たのです。

私は、それぞれヨーロッパのオーナーが自信を持って誇るノルウェーのノルウェージャンフォレストキャットの素晴らしい「純血種」の猫達の子猫を手にする光栄を得ました。
その子猫たちは、ワイルドでゴージャスで野生美あふれる美しい猫なのです。
ノルウェージャンフォレストキャットに対する思いや、考え方は、キャッテリー「FANTARJA」の目標でもあります。
ノルウェージャンフォレストキャットの愛好家に飼われてきているノルウェージャンフォレストキャットには、「ヨーロッパタイプ」「アメリカタイプ」の二系統が存在しています。
何処が違うのかと言えば、各キャット協会のスタンダード基準が違うのです。
ヨーロッパは「FIFE」、アメリカは「CFA・TICA」、日本も「CFA・TICA」が存在します。
そして、アメリカンタイプのボディーは正方形で手足と尻尾が短くコートが軟らかく感じ大きくなると顔の外見が崩れる感じが基本です。ヨーロッパタイプのボディーは長方形で手足と尻尾が長くコートは破水コートで覆われ太く大きな体系で、高齢になるにつれ野性本来の美しさと貫録を感じる体形に成長するのです。

どちらのノルウェージャンも「森の妖精」と歌われる程、美しい猫ですが、私は純血種の野生的な美猫で大きなボデーとカラー・柄を自然に感じるヨーロッパタイプのノルウェージャンフォレストキャットが大好きです。

そして、ブリーダーとしてヨーロッパラインのゴージャスな猫の誕生を追求し日本のトップブリーダーになる事が出来ました。これからは、世界のトップブリーダーを目標に向けて参ります。

このホームページには、その虜になる秘密が沢山有ります。
FANTARJAと同じ思いを一緒に体験しませんか。
ノルウェージャンフォレストキャット

これから一生のパートナーです。


Yumiko & Pascal

Cattery FANTARJA
HACHIOJI TOKYO JAPAN
Yumiko Sotozaki

Sales
Animal dealings trader No.100698
Registration day 2007/3/30
Validity term   2017/3/29

ファンタージャ キャッテリー
東京都八王子市
外崎ゆみ子
動物取扱業登録
第100698号
登録の年月日:平成19年3月30日
有効期間の末日:平成29年3月29日

E-mail/Contact

BACK



Cattery FANTARJA
HINOSHI TOKYO JAPAN

          
This Cattery is a member of CFA&TICA