本文へジャンプ

 
 

女神フレイヤと牽引する二頭のネコ




神話に登場するネコの伝説として、雷神でさえ持ち上げる事のできなかったネコの話や、女神フレイヤが車を轢かせるために二頭のネコを用いた話があり、これらのモチーフとして考えられているのがノルウェージャンフォレストキャットである。どちらも体躯の大きさをモチーフとしているように、ノルウェーの厳しい寒さの中で生きていくために厚い被毛を持つ大きな身体へと発達した。雪原を歩くために指の間にタフトを蓄え、これらはかんじきのような役割を果たす。

ノルウェーで広く愛されていたノルウェージャンフォレストキャットではあったが、1930年代までは品種としての認識ではなく、普通の飼い猫という認識であった。 少数のスコウキャッターにより、ドイツのショーに出陣されるなどされていたが、その後第二次世界大戦を契機とし、小規模であったノルウェーのキャットショー業界では頭数の減少が問題となった。これをうけて1970年代に頭数の確保に対する意識が高まり、1979年にアメリカへ渡り、1984年に正式に品種として公認されて世界へ向けて発信されるものとなった。

しかしアメリカに渡ったノルウェージャンは観賞用にと他の猫種とミックスされアメリカタイプの新種ノルウェージャンとして日本に輸入されショーで美しい猫として活躍していましたが、近年、アメリカでも改良(ミックス)前の自然の美しさこそが本物のノルウェージャンと好まれる様になり、今では北欧ノルウェーのノルウェージャンフォレストキャットが世界で認められています。


Back


Cattery FANTARJA
HACHIOJI TOKYO JAPAN

           
Cattery FANTARJAは、TICA&CFAのメンバーです。