本文へジャンプ
 
ノルウェージャンフォレストキャット全てが分かるページです。
猫図鑑
ヨーロッパのノルウェージャンフォレストキャットの猫図鑑です。
世界のノルウェージャンフォレストの共通スタンダードです。
Jubatus
Jubatus
ヨーロッパのショーで最強の活躍をしたジュバタス/デジレの親猫です。

ルーツ-ノルウェージャンフォレストキャットは、その環境の所産として数世紀もの間進化してきました。彼らは、自らの力で森林の領域から食を得、防衛して身を守らなければなりませんでした。補食者、略奪者から逃れる良いハンター猫であり、敏速なノルウェージャンだけが生き残りました。
         
         
kitten   kitten   erika
誕生1日目の子猫写真 誕生3ヶ月目の子猫写真  ノルウェージャンの色と柄
ノルウェージャンの誕生体重平均は、110gで出産頭数が多くなると80g以下の未熟猫や150gの大体型の子猫も誕生します。逆子も良く誕生しますので出産予定日近くには付き添っていないと死に至る子もいます。
目が開いてコートの状態もフカフカになる頃で一番可愛く感じる時期です。通常、生後1週間から10日で目が開き、母親からの免疫が授受に低下してきます。1ヶ月目頃に入ると体重も増え離乳食に変えないと母乳だけでは不足し母親に負担が架かり痩せてしまいます。  -トラディショナルカテゴリの全てのディビジョンの全ての色が、with Whiteとともに認められる。白班は体のどこであってもどんな量でも許容される。
毛色/Color:こちらからディビジョンが見れます。
         
         
Oscal suing jewel
ストレートな鼻のライン   季節の毛質      正三角形の顔
鼻-ノルウェージャンの鼻筋のラインを写真の様に真横から見ると鼻の先端からおでこまでがストレートに見ることが出来ます。野生の貓科の特徴でライオン・チーター・ヒョウと同じ特徴です。ノルウェージャンフォレストは、野生に進化した交わりの無い純血種です。   毛質-密生した羊毛質のアンダーコートは、なめらかで長くて粗い撥水性のアッパーコートで、背中と側面を覆われている。完全に毛が生えそろった猫には、たっぷりしたラフひだ襟と半ズボンのようなブリッチがあります。冬は密長で夏は短毛で生え替わります。    頭-ノルウェージャンの真っ正面から見る頭は正三角形と言われます。耳の外側の付け根から顎先の先端の辺が三角形が最も良く、目形がアーモンド形をして耳の外側の付け根に向いているのが最もいいノルウェージャンのスタンダートと言われています。
         
         
anburosia   desire   pascal
 カラーで毛の感触が変わる   ノルウェージャンの目形    ノルウェージャンの耳 
他のコート-コートは特にタビー猫でより密に感じられます。ソリッドおよびバイカラー、そしてキャリコでは、より柔らかめのコートがしばしば有ります。ノルウェージャンフォレストのコートの長さはセミロングです。ペルシャのコートのように長くは無いことを意味します。   -大きくて、鋭いアーモンド型で目尻がつり上がっている。機敏で油断のない表情。目色はコート色にかかわらず青以外のすべての色が認められる。青い目色はWhiteとwith Whiteのみ許される。    -大きくて基部が広く、まるで聴耳をたてるように前方に傾斜している。先端はわずかに丸くリンクスティップがある。リンクスティップと飾り毛は望ましい。耳の外側のラインは、頭から顎にかけての下側のラインに続く。 
         
     
floura   will   will
ノルウェージャンの尾      ノルウェージャンの後足    セミロングコートとは?
 尾-尾は、長く流れて高い位置で保持されます。ノルウェージャンは羊毛質のアンダーコートが長く粗いガードヘアーでカバーされている高密度で豊かな毛皮で知られています。このコートは暖かく水をはじきます。完全に毛で覆われた猫には、ひだ襟と半ズボンを持ちます。   後足-ノルウェージャンフォレストは知的で注意深い猫種であり、過剰にハンドリングされる事を好みません。彼らは、大きく逞しい猫です。そして、彼らの後足は、前肢より長く筋肉質でずっしりと重い骨質で、彼らのボディーに釣り合っています。    セミロングコート-ノルウェーの寒い冬に生き残ったノルウェージャンフォレストは、セミロングの撥水加工のコートを持っています。そして、野生の強さと知性の釣り合いがとれている猫でした。これらの特徴がショーリングに持ち込まれることは無意味ではありません。 
         
   
tica   baker   keri
 キャット協会って何処に有る   ヨーロッパとアメリカライン     猫のキャットショーて何?
TICAは、アメリカTX州に本部が有ります。世界の支部で開催されたキャットショーデーターを本部で集計しTICAホームページに掲載しています。そして、採点・審査が公平に行われ順位を決定し見ることができるのです。年度の9月初めに授賞式とアニュアルショーも同時開催されます。TICAの目的は、世界の猫種の家系が分かるように登録しています。また、新種なども作られています。

  ヨーロッパライン-自然界が作り出した純血種の宝物の猫種です。ボディーを横から見ると手足と胴体の間隔が長方形をしています。鼻筋のラインも横から見るとおでこから鼻の先端までが直線に見え一番の特徴は、自然界に多く見ることが出来る野性的な鋭く怖い感じの顔をしますが成猫になると貫禄を感じる猫へと成長します。

アメリカライン-アメリカのブリーダーが作り出した混血の猫種で可愛くロングコートで体は正方形に近い感じです。鼻筋が低く少し短い特徴です。ペットとして飼う可愛い感じが好まれるようです。
  全猫種のスタンダードを基本に豪華さ美しさを競い合う大会です。ショーは、世界各国で実施されます。年度は、5月から翌年の4月末日迄の他猫を負かした数のポイントにより世界順位が決まります。また、タイトルも付きます。日本では、アジア大会も実施されています。
キャットショーの事に関しては、ご連絡を頂ければお教えいたします。
ANNUAL受賞式

         
         

HOME
p